備中町西山地域(岡山県高梁市備中町西山)の様子をお伝えします。

FrontPage

地域ホームページ備中町西山へようこそ

このHPは西山地域(岡山県高梁市備中町西山)の情報を発信しています。
早いもので既に7年目に突入しています...
これからも不定期ではありますが西山の情報を
発信して参りますのでご愛顧の程をよろしくお願いします。

※上のヘッダー画像は、泥落とし球技大会の時(2019年6月23日)のものです
※ヘッダー画像がダウンロード出来ます!

SINCE; November 27, 2013





西山の歴史探訪♬

最新情報

#03.天神が丘の彰功碑(その2)~赤木雄太郎

彰功碑、3基並んで建立されているうちの真ん中の碑、
赤木雄太郎氏についての彰功碑をご紹介します。

2020063001_R.jpg

西山の赤木雄太郎は誠七郎の長男。元治元年(一八六四)生まれ。
大正十四年建立の彰功碑が天神が丘にある。
若くして父の後を受け、村政に従事。
成羽、野馳間の郡道整備、田原橋の新架など多大な功績がある。
碑文の最後に、欲富闔郷規畫成、百般事業試經営、
惜君空作幽冥客、村史長留不朽名、とある。
(注釈と、この下の画像は高見 寿先生のTwitterより拝借しました)
2020063003_R.jpg


赤木雄太郎君
君以元治元年十一月生誠七郎君之長男也資性剛健而質
實學渉古今兼通世故壮歳受父之後從事村政専注意于公
益首唱学校改築急無償提供数反歩之土地以挙教育之普
及改善之実早謀地主小作間之圓満協調以防思想界揺動
之源開鑿里道計運輸交通之便就中至脩理神社且増植境
外樹木以企基本財産之増殖再建係焼失寺院脩追福敬神
崇祖之実大挙矣其他尚武会之發展戸主会之組織公設医
師家屋之建築田原橋梁之新架成羽野馳間郡道之編入郵
便局之新設等君之斡旋大與有力此間所投私貲亦不鮮少
可謂積而能散也今後尚待君努力者不少惜哉一朝為二竪
所冒溘焉捐館不得大展驥足齎志空逝哀悼何禁雖然君之
功績炳焉如日星茲村民胥謀欲鐫貞珉以不朽之謹栽二十
八字以代銘曰
欲富闔郷規畫成百般事業試經営
惜君空作幽冥客村史長留不朽名

大正十四年十一月西山建之
長松寺栗部禅巖題額
湯野村長松本大造撰

赤木雄太郎君
君は元治元年一月を以て生れ、誠七郎君の長男なり、
資性剛健質実、学は古今に渉り、兼ねて
世故に通じ、壮歳にして父の後を受け村政に従事す、
専ら意を公益に注ぎ、首として学校改築の急を唱へ、
無償にて数反歩の土地を提供し、以て教育の普及改善の実を挙ぐ、
早く地主小作間の円満協調を謀り、以て思想界動揺の源を防ぎ、
里道を開通して運輸交通の便を計る、
神社を修理し且境外に樹木を増植して基本財産の増殖を企て
焼失の寺院を再建し追福を修め、敬神崇祖の実大いに挙れり。
其他尚武会之発展、戸主会の組織、公設医師家屋の建築、
田原橋梁之新架、成羽野馳間郡道の編入、郵便局之新設等
君の斡旋大いに与って力ありき。
この間私費を投ずる所も亦すくなからず、
積んで而して能く散ずると言う可きなり。
今尚ほ君の努力に待つもの少からず、
惜しい哉、一朝二竪の冒す所となり溘焉として館を捐つ、
大いに驥足を展ばすことを得ずして齎志空しく逝く哀悼何ぞ禁ぜん、
然りと雖も君の功績炳として日星の如し。
茲に村民相謀りて、貞珉に鐫りて以て之を不朽ならしめんと欲す、
謹んで二十八字を栽し、以て銘に代ふ、曰く、
闔郷を富ましめんと欲し、規画なる百般の事業経営を試む、
惜む君は空しく幽冥の客となるを、村史に長く不朽の名を留む。

大正十四年十一月西山之を建つ
長松寺栗部禅巖題額
湯野村長松本大造撰


※資料提供;高見 寿先生
※参考文献;『備中町再発見』高見 寿著 /『備中町の名所』高見格一郎著

次回は、「天神が丘の彰功碑(その3)~赤木樟一」を予定しています。


認証コード(6341)

掲載:2020.6.30




#02.天神が丘の彰功碑(その1)~赤木誠七郎

彰功碑は3基並んで建立されていて1基毎にご紹介します。
「その1」として向かって左端の彰功碑は「赤木誠七郎」氏の碑です。
ご紹介の要領として上段に原文を、下段にはその”古文訳”を掲載しました。
もちろん、それでも読めない文字や意味が不明なこともありますが、
おおよその内容は理解出来るかと思います。

2020062601彰功碑01_R

西山の庄屋赤木氏は、明治以降も傑出した人物を出した。
赤木誠七郎の彰功碑が天神が丘にある。
氏は弘化三年(一八四六)生まれ。
明治新制度の戸長職(村長に相当)に二十年従事した。
碑文の最後に、敬神宗祖以酬國恩、勤励倹節約以養財、
善道垂範郷黨風敦、厥功厥績千載不諼、とある。
大正十四年建立。
(注釈と、この下の画像は高見 寿先生のTwitterより拝借しました)
2020022901_R.jpg


赤木誠七郎君
君以弘化三年丙午生于高梁町年甫十七来寓本村実兄平
松為三郎家翌年出襲赤木家爾来執里正之職明治維新之
後尚在戸長之職前後從事村政冶二十年傍営杜康之業家
道益隆盛也君資性温厚而篤實強記衆望之所歸各般之委
員無一不該専以誠愨當事施措得宜不甞空其任企学校改
築以画教育之改善増殖資金以策基礎之堅実開鑿道路墾
闢荒廢以便交通拾遺利等不啻注意于公益所投私貲亦不
鮮少矣而敬神崇祖其最所致力勤倹節約其最所主唱常率
先躬行郷党仰取範風俗日赴淳良亦不外其徳化也君今茲
齢躋八秩矍鑠有凌壮者之概孔聖所謂仁者寿者歟可慶也
真可賀也君自来本村六十餘年于茲不拘其在現職奨否于
陰于陽幇助村治功績不暇條挙茲欲鐫其一斑以不朽之係
銘曰
敬神宗祖以酬國恩勤励倹節約以養財
善道垂範郷黨風敦厥功厥績千載不諼
大正十四年十一月西山建立長松寺栗部禅巌題額
湯野村長松本大造撰

赤木誠七郎君
君は弘化三年に高梁町に生る、
十七才の時本村田原の実兄平松為三郎の家に来る、
翌年西山赤木家の女婿となる、爾来庄屋職を執る、
明治維新の後戸長の職にあり、
前後村政に従事すること殆んど二十年なり。
傍ら酒造業を営み、家運益々盛なり。
君資性温厚にして篤実強記、衆望の帰するところ、
各般の委員一つとして該たらざるなし。
専ら誠心を以て事に当り、挙措宜しき得、嘗て其の任を空しくせず。
学校改築を企て以て教育の改善を画り、
資金を増殖して以て基礎の堅実を策し、
道路を開鑿し荒廃を墾闢し以て交通を便にし、
遺利を拾う等、啻に意を公益に注ぐのみならず、
私財を投ずる所亦少なからざりき、
而して敬神崇祖は其の最も力を致す所、
勤倹節約は其の最も主唱する所、
常に卒先躬行郷党仰いで範をとる、
風俗日に淳良に赴くも亦其の徳化に外ならざる也
君今茲に齢八十に躋り矍鑠とし壮者を凌ぐ概あり。
孔子の所謂仁者は寿なる者か、慶すべきなり、真に賀すべきなり。
君本村に来りしより茲に六十余年、
其の現職に在ると否とに拘らず陰に陽に、
村治を幇助したる功績、条挙するに暇あらず、
茲に其の一斑を鐫りて以て不朽の係とす。
銘に曰く敬神崇祖以て国恩に酬い勤倹節約以て財源を養う
善道範を垂れ郷党風敦し厥の功厥の績千載諼れず

大正十四年一月
西山之を建つ
長松寺栗部禅巌題額
湯野村長松本大造撰


※掲載にあたっては現地及び原文調査、並びに翻訳を進めて来られた『備中町再発見』を執筆出版者でもある高見 寿先生の了解を頂いております。高見先生にはこれらに関する原文を頂きましたことをこの場をお借りしてお礼を申し上げます。
※参考文献;『備中町再発見』高見 寿著 /『備中町の名所』高見格一郎著

次回は、「天神が丘の彰功碑(その2)~赤木雄太郎」を予定しています。


認証コード(8928)

掲載:2020.6.26




#01.風致園

西山の中心地には六日(むいか)と呼ばれる小集落が有り、そこには既に閉校となりましたが小学校や中学校があったり、郵便局があったり、コミュニティハウス西山荘と呼ばれる憩いの場・みんなが集まれる施設(高梁市指定の災害時の避難所)など...まさに地域の中心地としての役割的な建物があります。
そして旧西山小学校の裏側には一見、古墳を思わせるような風致園と呼ばれる小さな丘があります。別名として「西山天神が丘」とも言われています。
元々は古瀬田(こせた)と屋号を持つ、西山では江戸時代から代々に亘って庄屋として、今でいう処の”地域おこし””事業発起”としてとても大きな役割と功績を残してきたもので、その古瀬田(赤木樟一氏)の庭園でありました。
その風致園には菅原道真公を祀った小さい祠があることから天神祠と呼ばれるようになり古瀬田も宅神として祀られていたとのことです。

※参考文献;『備中町再発見』高見 寿著 /『備中町の名所』高見格一郎著

風致園に菅原道真公を祀ってある天神祠(左)、3基の彰功碑(右)
画像の中央には「高山(たかやま)」が雄大に見えてます。
20200616_01_R.jpg

古瀬田(こせた)と屋号を持つ庄屋の建物は
傷みは激しいものの、今なお現存しています。
20200616_02_R (2)


今回、「西山の歴史探訪」として第一回目をお届けしました。
これまで通り不定期ですが今後、この「西山の歴史探訪」をシリーズ化して掲載していく予定です。
画像は出来るだけ現在のものを、そして古い画像も手元にあるものに限りますが有効に使っていきたいと考えています。
どうぞお楽しみに😉👋
次回は、「天神が丘の彰功碑」を予定しています。


認証コード(7141)

掲載:2020.6.16




西山の最新情報♬


最新情報

10月末迄は行事を自粛します / 西山コミュニティ協議会

新型コロナウイルス感染症に関連して、先月25日に緊急事態宣言が解除されて以降もまだまだ予断を許さない状況が続いています。
つい先程も、岡山市では5月11日以来44日ぶりに30代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表があったようです。
西山コミュニティ協議会では新年度(令和2年度)4月に年度総会も小規模で必要最低限の時間で行ないました。
新型コロナウイルス感染防止対策の状況を見ながら事業を進めていこうとする中でありますが、この程、役員会も開かれてそのスタンスには変わりなく、実際には10月までは予定されていた事業はやむなく中止することになったようです。ただし、地域内の草刈り作業を中心とする奉仕作業は感染防止対策の元で行なうということのようです。ひとまず西山コミュニティ協議会の近況をお伝えしました。


認証コード(6330)

掲載:2020.6.24




県道の拡幅改良工事が進んでいます

県道備中布寄線の西山地内分の拡幅改良工事が進んでいます。
今回ご紹介するのはこちら ↓ です。
2020061902.jpg

工事前と現在の画像を掲載します。
※画像をクリック(タップ)で拡大します。

  • 工事前(2017年6月4日)
    20170604_171414_R.jpg20170604_171537_R.jpg
    20170604_171613_R.jpg20170604_171620_R.jpg
    20170604_171733_R.jpg20170604_171743_R.jpg


  • 現在(2020年6月17日)
    20200617_125150_R.jpg20200617_125204_R.jpg
    20200617_125334_R.jpg20200617_125343_R.jpg

認証コード(7145)

掲載:2020.6.19




備中天神桜を見に来られた方のブログを見つけました

倉敷市内の方が備中天神桜を見に来られたことをブログに書かれてます。

ブログの日付は今年(令和2年)5月8日となっていますが
ブログの冒頭には「少し前の写真です。」と書いてあり
おそらく4月下旬頃に西山風致園にある備中天神桜を
見る為に訪れて下さったのではないかと想像します。

そう言えば、4月いっぱいはサクラを楽しめます...という感じで
テレビなどでは紹介されていたようでしたね!?
それほど長くもちません。。。🤭💦💦
どちらにしてもありがたいものです。

残念ながら既に桜のほうは散ってしまった頃だったみたいですが
西山の印象も含めて詳細に書いてありますのでご覧下さい。
まさかこのHPで紹介されるとはブログ主の「ヒロシ」さんは
思いもしなかったことだと思いますね(笑)


認証コード(9490)

掲載:2020.6.13




「備中町再発見」が刊行(発行)されました

先日(5月30日)、岡山文庫さん(日本文教出版株式会社)より「備中町再発見」が刊行(発行)されました。

これまでの備中町の歴史、文化遺産などを過去の「備中町報」をはじめ、「備中町史」「郷土史」などを元に、現在の状況も調査した上であらためて文章に書き起こしたものを製本してこの度、初版を刊行(発行)する はこびとなりました。

20200608_01_R.jpg20200608_02_R.jpg


その取組みをされたのは備中町布瀬出身で現在は岡山市内に在住の高見 寿(たかみ ひさし)さんです。
刊行するにあたっては高見さんが「備中町歴史研究会」を立ち上げました。備中町内の各地域内の事に精通している有識者の方から成る組織であります。当地西山からは赤木平八郞さんが人選され、ほかにも協力者として20数名(西山からは石川紘子さん、森﨑光政さん、不肖ワタクシ丹下佳昭)の方々がご尽力されました。

郷土史の現在版を完成させるのが最終目標に今しか出来ない、今だから出来る再調査と写真撮影を長きに亘って行なわれた高見 寿さんに、あらためて敬意を表する次第であります。

ちなみにこの本の概要は次の通りです。

はじめに / 備中町概観 / 布瀬 / 志藤用瀬 / 黒鳥 / 布賀 / 長谷 / 平川 / 油野 / 田原・ダム周辺 / 西山 / 参考文献 / 故郷を思う / あとがき

なお、ご希望の方はご遠慮なくどうぞ!
当HPを通じて注文取り次ぎをすることの承諾を高見さんからいただいていますのでお問合せフォームからお願いします。
本のサイズはいわゆる文庫本サイズで定価 (本体900円+税)です。

お問合せフォームはこちらです



備中地域局備中公民館にも数冊置いているそうです。


認証コード(2845)

掲載:2020.6.8




写真集「備中天神桜と西山集落」の作成 / 風致園を守る会

この度、風致園を守る会ではこの春、「公益財団法人 日本花の会」から樹齢約300年の「ヤマザクラ」新品種に認定を受けた「備中天神桜」の認定記念と共に後世に伝えるべく、「備中天神桜と西山集落」と銘打った写真集を制作したそうです。

2020051701 (2)

西山地域内では希望者に、そして今後毎年ご来観下さる方には”手土産”的にそれぞれ販売を予定しているとのことです。
ちなみに、1冊1,000円でございます。
お問合せ・購入希望者は風致園を守る会(事務局;森﨑幸夫さん)まで。
尚、当HPをご覧の方のお問合せも受け付けております。
西山出身の方、大歓迎 ٩( ´◡ )( ´◡
お問合せフォーム
※お問合せフォーム を利用するには cookie を有効にする必要があります。ブラウザによってはエラーとなる場合がありますので、その場合は cookie を有効にするか、他のブラウザをご使用下さいませ。


認証コード(4700)

掲載:2020.5.17




ふるさと農道の展望広場

5月、新緑の季節となりました。
西山は山の中にある地域です。
これはお隣の新見市哲西町の方からお聞きしたお話です。
哲西町出身で関東方面にお住まいの方が
以前、このゴールデンウイークに故郷である哲西町に帰郷され
その時、ドライブがてら 西山のほうへ”足”を伸ばし、
ふるさと農道を走ったそうです。
道中の新緑は、そうそう どこでも見れるようなものではなく
とても感動されたそうです。
更に車を走らせ途中にある休憩所(展望広場)に車を停めて
そこから見える景色にまた感動されたそうです。

展望広場から見える景色はちょうど西山が見えます。

このふるさと農道が完成した当時は見通しも良かったのですが
年々、周辺の木々が大きく育ち、見通しも悪くなってきて
私もせっかくの展望広場がもったいないなあと思っていたものです。

すると去年の12月頃だったと記憶していますが
展望の邪魔をしていた木々が伐採されていることに気が付いたのです。

それからはまた元のように
西山の景色、全体を心置きなく見ることが出来るようになったのです。

いつも見慣れた西山、ほかの人から見たら
すごい景色だということを哲西町の方から聞いて、
嬉しくも不思議な気持ちになりました。


  • 今年の1月頃に撮影した展望広場です
    IMG_20200106_161921_R.jpg

IMG_20200106_161931_R.jpg

IMG_20200106_161843_R.jpg

IMG_20200106_161858_R.jpg

IMG_20200106_161453_R.jpg


  • あらためて先日(5/2)に撮ってみました
    95463725_531946487487059_1573405674832920576_n_R.jpg

認証コード(0428)

掲載:2020.5.4




すくらむ3月号に掲載されました / 西山維新会

もう先月のことになりますが「JAびほく」が毎月発行してきた情報誌「すくらむ」の3月号に西山維新会のことが掲載されていました。

内容は高梁市で畜産・商工業・地域農業の振興に功績のあった個人・団体を顕彰する「大河賞」の地域農業振興の部で受賞し、2月19日にその表彰式が行なわれたというもの。(詳細は画像をご覧下さい)

尚、この程、JA岡山東・JA岡山西・JA倉敷かさや・JAびほく・JA阿新・JAまにわ・JAつやま・JA勝英 が、令和2年4月1日に合併し、 「JA晴れの国岡山」として生まれ変わりました。 それに伴いこのJAびほくの情報誌「すくらむ」は廃刊となりました。

20200323_R.jpg
※画像をクリック(タップ)で拡大します。


認証コード(3471)

掲載:2020.4.30




芝桜が見頃です

  • 田植えの準備も着々と進んでいました(簾竹)
    2020042202_R.jpg

  • 長年に亘って管理されています!(高岩)
    2020042203_R.jpg

認証コード(6132)

掲載:2020.4.23




Yahoo! JAPAN ニュースヘッドラインに掲載 /「備中天神桜」

なんと、「備中天神桜」のことが、
あのYahoo! JAPAN ニュースヘッドラインにも掲載されていました。

ひとまず、画像をキャプチャーしておきましたので
画像と共にリンク先もご紹介します。

2020031601_LI.jpg

  • 新たな地域のシンボルに…樹齢約300年の「ヤマザクラ」新品種に認定 岡山・高梁市(Yahoo! JAPAN ニュースヘッドライン2020年3/14(土) 14:48配信)⇒ こちら
    ※(お断り)時間の経過と共に表示されなくなる可能性もございます。


あとで見れなくなっても、
ということで動画の部分だけをキャプチャーしました🙂✌️
(取材日:2020年3月9日?)



認証コード(5633)

掲載:2020.4.18




満開の桜 / 長松寺

長松寺の桜が満開でした。
それこそ樹齢何年か不明ですが長松寺のソメイヨシノは
今がちょうど満開でございます。
病気や苔などにも負けず今年も立派に咲いてくれました。
長松寺のある西山吉家は高梁市内でも
トップクラスの標高の高い場所だけのことはあって
桜の咲くのも周辺地域よりもかなり遅めです。
更に足元のスイセンも歩調を合わすかのように見頃です。
今週末はまた雨の予報なので
心の中で思わず「がんばれよ~!」と声を掛けてあげました。

2020041601_R.jpg


認証コード(7787)

掲載:2020.4.16




4/12「備中天神桜」新種認定記念式

「備中天神桜」が新しいサクラとして認定されたことを受け
先日4月12日(日)に記念式典が行なわれました。
その時の模様が昨日、KIBIケーブルテレビにてニュース報道されました。



認証コード(1773)

掲載:2020.4.14




冬に逆戻り

昨日から今日にかけて西山は冬に逆戻りしたような気候となりました。

昨日は朝からみぞれが降り始め気温も3℃までしか上がらずで、
そしてそのまま夜になってずっと雨が降り続き
今朝になってみると辺り一面、銀世界になっていました。

風致園のサクラ「備中天神桜」も満開まではあと一歩という感じでしたが
大きく花開いたサクラも寒々とした感じで小さくうつむいていました。

20200413_04_R.jpg

20200413_01_R.jpg

20200413_02_R.jpg

20200413_03.jpg
※画像をクリック(タップ)すると拡大します


認証コード(5290)

掲載:2020.4.13




山陽新聞にも掲載されました「備中天神桜」

先週もお伝えしましたが
サクラの新しい品種としてこの程、認定された西山の「備中天神桜」、
「樹齢300年ヤマザクラ、園芸品種認定」と題して
山陽新聞(4/5、日曜日)に掲載されました。
画像と併せてご紹介致します。

なお、ネット版の山陽新聞(さんデジ)でも
同一のものが掲載されています。⇒ こちら
(※時間の経過と共に削除される可能性もございます)

20200405 (2)


認証コード(9910)

掲載:2020.4.9




「備中天神桜」サクラの新しい品種として正式に認定

西山の風致園(六日)にある古木のサクラがこの度、
2020年(令和2年)3月10日に「公益財団法人 日本花の会」に於いて、
サクラの新しい品種として正式に認定されました。(認定番号第022)
高梁市公式HPでもこちらに掲載&紹介されています。
樹齢は約300年で、赤芽白花で美しい花が特徴とのことです。

2019041801.JPG
※画像は昨年4月18日に撮影したものです。

2020040201.png
※画像は高梁市公式HPより拝借致しました。


また本家本元、認定いただいた「公益財団法人 日本花の会」では
とても細部にわたって詳細説明をしてあります。⇒ こちら


認証コード(4398)

掲載:2020.4.1




これまでの投稿記事はこちら



最終更新;
2020-06-30 (火) 16:36:17


a:35237 t:4 y:16

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional