地域ホームページ備中町西山へようこそ

このHPは西山地域(岡山県高梁市備中町西山)の情報を発信しています。
早いもので既に8年目に突入しています...
これからも不定期ではありますが西山の情報を
発信して参りますのでご愛顧の程をよろしくお願いします。

※ホームページのデザインを大きく変更しました(2021.2.10)
※ヘッダー画像がダウンロード出来ます!

SINCE; November 27, 2013

  • サイト内の検索が出来ます♪~とっても便利な機能ですよ~(^_^)



アーカイブ 埋もれがちな過去記事を少しずつ整理して分かりやすくしていってます(^_^)/


西山の最新情報♬

最新情報

「備中天神桜」のニュース放送~KIBIケーブルテレビ

あらためて・・・
昨年の3月に新しい桜の園芸品種として認定された
300年の歴史を誇る高梁市備中町西山の
「備中天神桜(びっちゅう てんじんざくら)」が見頃を迎えています。

地域の桜は葉桜となってきましたが
高梁市備中町西山地域の桜は
今が一番の見頃を迎えています。

旧西山小学校近くにある丘、風致園に咲く「備中天神桜」です。

樹齢およそ300年の桜で
高さ8m、枝張りは東西17mで
咲き始めは若葉が赤く美しい白い花を付けるのが特徴です。

住民有志で作る「風致園を守る会」が
草刈りなどの環境整備を進め地域のシンボルとして
大切に守ってきました。

昨年3月には桜の新しい品種を活用して
地域の名所づくりをサポートする公益財団法人 日本花の会により
新しい桜の園芸品種として認定されました。

新品種として認定されて2回目の春を迎えた今年は
例年より1週間ほど早い4月2日に咲き始め
今、まさに満開!!

桜ファンから開花について問い合わせがあるほか
県内外からカメラマンが訪れるなど
西山地域の元気につながり始めています。

300年の歴史を刻む「備中天神桜」、
コロナに負けず今年もきれいに咲いてくれた、
その姿を喜んでいる人がいました。
風致園を守る会の森﨑会長です。

風致園を守る会 森﨑光政会長のお話し;

備中町西山だけでの風致園という意味だけではなくて
高梁市としての風致園がこれからも有意義にまちづくりの為に
桜を含めて皆さんに愛していただいて
新しい地域おこしになればと思います。

高梁市備中町西山に咲く「備中天神桜」は
来週いっぱいまで楽しめそうです。


  • KIBIケーブルテレビさんに取材に来ていただきました!(4/9~10 放送)
    ※Wi-Fi環境をお勧めします

    掲載:2021.4.10





県道奈良備中線拡幅工事中です

現場は麓地内、西山高原キャンプ場の直ぐ近くになります。

その現場を車で通って撮ってみました😁✌️

工事期間は6月30日までとなっています。


  • 上から下へ

  • 下から上へ

掲載:2021.4.7





「備中天神桜」満開🌸🌸🌸

備中天神桜、本日、満開となりました!!

足元をよくよく見ると
少し花びらも落ちているので
散り始め?・・・
いやいや、昨夜から今日一日じゅう突風が吹き荒れると
それはそれは桜だって散っちゃいますよね。
でも、春の嵐になんとか耐えてくれました!

今年の...近年の桜の散り方を見れば
あまり長くは咲き続けることはないので
満開である今のうちに堪能しましょう。

去年以上に今年は
花の数が圧倒的に多いです🌸🌸🌸🌸🌸🌸

小枝に鈴なり状態で咲き誇っているのを見ると
あらためて唯一無二の桜であることを実感します。。。

2021040501_R.jpg

2021040502_R.jpg

2021040503_R.jpg


全景の写真が無かったので本日(4/6)撮りに行って来ました!

20210406_154055_R.jpg

20210406_154135_R.jpg


追記:2021.4.6

掲載:2021.4.5





「備中天神桜」三分咲き🌸🌸🌸

西山の風致園(六日)にある古木のサクラ「備中天神桜」、
開花が始まっており既に三分咲きです。

なかなか同地内とは言え
毎日は来れないのでせめて一日おきにと思い
一昨日来た時にはまだ花は見えないなあと思っていたら
それがそれが、今時の桜の傾向でしょうか・・・
油断している隙に一気に開花したって感じです😁🙌🙌🙌

今だと、まわりにスイセンたちも可愛く咲いて
まるで桜を盛り上げているようで健気です。

夕方前の午後5時に行った時には
ちょうど花見を楽しんでいた地域の方々、約数名が
花見も終えて帰ろうとしているところでした。
みなさん口々に「あ~、え~花見じゃった!!」と言いながら
帰路を急がれていましたが
風致園の備中天神桜を見ながら花見をして
世間話をしながら交流を深めるっていいじゃないですか~😃

いつものことですが
写真に撮るのってホント難しいですが
スマホで撮ってみました。

2021040201_R.jpg

2021040202_R.jpg

2021040203_R.jpg

2021040204_R.jpg

ちなみにその近くにあった桜も撮ってみました。
これはソメイヨシノですよね!?
それとも普通のヤマザクラ?・・・
枝を見る限りヤマザクラっぽいです。
2021040205_R.jpg

この桜と備中天神桜とを比較したら
やっぱり備中天神桜は花の房が違いますね!
2021040206_R.jpg

あと、「お知らせ」の看板も立っていましたのでプチ紹介します!
写真集...モリサキ商店で取り扱っているのでお尋ね下さいとのことです。

2021040207_R.jpg

これは以前、このHPでも紹介した本のことですね。
写真集「備中天神桜と西山集落」ということで
その紹介記事は こちら です!


掲載:2021.4.2





重大な交通事故が発生!!

先日、3月28日(日)の夕方5時頃、
西山地内で車両2台が激しく衝突する交通事故が発生してしまいました。

発生場所はこちら ↓

2021033002.jpg
※地図をクリック(タップ)で拡大します

※双方の走行方向は矢印の方向で表しております。

地図ではなかなか分かりにくいと思いますので
きのう、あらためて現地の写真を撮りました。

20210329_171223_R.jpg

20210329_171538_R.jpg

あ~!! あそこね!! と、思われた方も多いと思います。

そうなんです。
あそこなんです。

いつかは大変な大事故が起こると思っていたら
やっぱり...とうとう起きてしまいました。

特にふるさと農道側はどちらからも、
かなり急勾配の下りになっているのと
一方の市道は、どちらからも上り坂で
スピードこそ出にくいものの農道の左右の状況が見えにくいので
スピードを落とさず...また一旦停止を怠るととても危険な”交差点”であります。

今回の事故は農道側を目金方面(哲多町蚊家)から油野方面に向かっていたプリュース(広島県ナンバー)と、哲多町本郷方面から西山に向かっていた軽トラックとがドンピシャのタイミングで90度の角度で衝突したという状況です。

現場はどちらもノーブレーキで衝撃度も大きく
両車両とも大破の状況だったようです。
軽トラには運転手のみ同乗者はなし、運転手は怪我をして救急搬送、
プリュースも運転手のみで同乗者はなし、大きな怪我はせずムチ打ち程度?。。。

この交差点脇に住んでいるSさんが現場の状況の第1発見者でもあり
現場処理にあたられたようです。
もちろん、所轄の警察署も対応!

今回はたまたま命に関わるようなことにはならなかったものの
状況によってはいつまた同じような、、、
それ以上の事故に繋がるか分からない
危険な現場であることには変わりありません。

早急な対応が待たれます。


掲載:2021.3.30





西山の歴史探訪♬

最新情報

#18.惣三さま物語り(その8;惣三郎を祀った墓、惣三権現、祠)

備中町西山にある長松寺、
赤木氏が菩提寺として
享禄元年(1528年)に建てたと言われる寺です。

2021040801.jpg

2021040802.jpg

ここの墓地に惣三郎のものとして伝わる墓があります。

2021040803.jpg

石碑には年号はありませんが
正月廿八日(1月28日)、、、
戒名と惣三郎の文字が刻まれています。

  • 関連記事

    長松寺墓地の一角に祀られている惣三郎の墓石の解説 ↓

    2021040815_R.JPG

    京都でケンカをして、相手を斬ったため追われた惣三郎という人物が、西山に逃げてきて小谷の岩穴に隠れ住んだ。ついに捕えられ、処刑された。西山の長松寺にあるその墓。青峯護山菴主、正月廿八日、俗名惣三郎。年号は記されていない。別の資料によると、これは、延宝九年(一六八一)酉正月のこと。

    ※岡山文庫「備中町再発見」著者 高見 寿先生のTwitterより拝借






また境内には小谷の立木から勧請した惣三権現が祀られています。

2021040804.jpg

願い人(びと)の一代にひとつ、
何か叶えて死んでやると言って死んだ惣三郎、
何か願い事をすれば必ず叶えられるという噂が広まり
特に戦前、戦時中は小谷の惣三神社、
哲西町-明本寺の惣三大権現、
そして長松寺の惣三権現には多くの参拝があったと言われております。

2021040805.jpg

2021040806.jpg

また流行神(はやりがみ)的に信仰を集め
遠くは鳥取や島根からも参拝があったと言われ
備中町史には真意は明らかではないが
多くの分社が存在した、という内容が書かれています。



哲多町蚊家(こうのいえ)、
ここにも惣三郎を祀った祠(ほこら)があります。

2021040807.jpg

2021040808.jpg

2021040809.jpg

2021040810.jpg

この地域で祠を守っている見高暢雄(みたかながお)さんのお話し;

明治21年の長松寺の火災の時に
ここ(哲多町蚊家)へ御札が
飛んで来て落ちていたということで
社を建ててお祀りしているということです。
戦後、盆踊りが盛んな頃は
ここでもかなりの人数でやられていたということらしいです。
今と同じような状態でずっとこの祠を
守っていって欲しいという希望はあります。



次回、惣三さま物語り(その9)は、いよいよ最終回となります


掲載:2021.4.8







最終更新;
2021-04-12 (月) 16:15:07


a:41498 t:13y:37